レディ

不動産投資のリスクを理解して始めよう|上手に運用をする方法とは

デメリットがある

男女

初心者でも簡単に始められる区分マンションの投資は、初期費用を安く抑えられるとして人気を集めています。デメリットとしては、収益がかなり少なくなることでしょう。お小遣い程度として考えれば良いですが、しっかりと収益が得たい時に物足りなさを感じる可能性もあります。そして、入居率が悪くなると赤字になり安定した収益をもらえなくなります。結局売却を選択せざるを得なくなるため、区分マンションを利用した投資も大きなリスクがのしかかってきます。不動産投資は、区分マンションに限らず様々なリスクが隠されています。例えば、ファミリー層を狙ったはずが、思いのほか人が入らず赤字になり売却を余儀なくされた例もありますし、利回りを無視した投資をしたことで運用が不可能になったという失敗事例もあります。これらのリスクを回避するためにはどうすれば良いのかを知るために、頭の中へ知識を入れておく必要があるのです。

不動産投資にまつわるリスクはほかにも沢山あります。一番怖いのが滞納です。せっかく埋まっても入居者が家賃を支払わないとオーナーの生活が成り立たなくなります。最悪、保証がきくので心配はいりませんが毎月滞納者が出ると不動産投資をする上でかなりのリスクになるでしょう。また、長期的な運用を計画するなら金利の上昇について詳しくなければなりません。現在は、低金利時代に差し掛かっているため、この時代がいつまでも続くと思わない方がいいでしょう。金利が高くなると、金融機関からローンを借りた時返済が行き届かなくなり、物件を手放すことになります。ただ、インフレになれば投資をする身としても収益を得る絶好のチャンスになります。

リスクもある

上手に運用できれば、マンション経営を成功させることができます。ただ、リスクを知らずに始めると大きな落とし穴にハマってしまうでしょう。それを避けるためには失敗事例に目を向けることです。

比較サイトを使ってみる

面倒なマンション管理も管理会社が率先して行ってくれるため、オーナーは何もせずに済みます。また、管理会社も沢山ありますので比較サイトを利用して自分にピッタリの場所を選定しましょう。

落ちないためには

マンションやアパートの運営をする時に助かる賃貸保証会社は、審査をまず通さないといけません。また、審査を受ける時の心構えもありますので、落ちないためにも覚えておきましょう。