男性

不動産投資のリスクを理解して始めよう|上手に運用をする方法とは

落ちないためには

紙幣とつみ木

気に入った部屋が見つかり、いよいよ入居するという時に賃貸保証会社の審査が落ちると落ち込んでしまいます。何度受けても落ちる場合は、何か問題が生じている可能性もあるでしょう。意外に知られていない事も多く、家賃保証会社の審査を受ける時も、ポイントを押さえておく必要があるでしょう。先に探るべき点は、過去に家賃保証会社を利用していて現在も家賃の未払いがある場合、家賃保証会社の審査に落ちてしまう可能性が極めて高くなるでしょう。また、過去に滞納を繰り返し現在は返済が終了しているものの、何度も代位弁済を受けているケースも、審査が落ちてしまう理由の一つになります。しかし、実際はこれらに引っかかってもどうにか家賃保証会社に受かっている人もいます。

次に家賃保証会社の審査に通らない理由として挙げられるのが無色で収入がないことです。いくら貯金が沢山あっても、定職についていないと受かるはずもありません。また、連絡手段がない場合も通すのが難しくなるでしょう。借りようとした賃料と収入が見合っていない時も、審査を落とす可能性もあるためこの時は不動産の協力で他の物件に変更すれば、家賃保証会社の審査を通すことができます。しかし中には、審査が通らなかったことに腹をたてクレームを出す人もいますし、審査連絡時に非協力的な態度だと審査に通らないこともあります。受かるためには、定職についており尚且つ強力的であること、家賃に見合った収入であることも大切なので覚えておきましょう。