男性

不動産投資のリスクを理解して始めよう|上手に運用をする方法とは

リスクもある

マンション

マンション経営で受けるリスクの話で最も聞くのが節税効果と利回りを重視した物件選びです。実際この辺はマンション経営をする上で非常に重要なワードになるため、無視することはできません。また、この二つに気を遣って運営をした結果、見事成功した人物もいます。成功をした背景には、自分に合った投資方法だったからでしょう。マンション経営に関する相談を受け付けている会社でも、節税効果と利回りに関する問い合わせがありますが、どんな人にも該当する長所ではないと伝えることが大半です。そのため、マンション経営をする上で必要なのが今と将来に適したプランと投資方法によってメリットが違ってくるのです。

節税効果を意識したマンション投資は実際の所、今しかメリットがありません。また、節税をうまくやっていると勘違いすることも多く裏を返せば、管理費や修繕費といった部分にすべて持っていかれてしまいます。マンション経営の大きな落とし穴は、経費にあるため節税をしても意味がない場合がほとんどでしょう。またこうしたマンション経営の売却は売るタイミングを逃がすことが多く、売るに売れないといった状況が長く続きます。近年は入居者が定期的に流れてくるワンルームマンションだと近い将来ほとんど需要がなくなることもあり得ます。また耐震や質の良さで新築マンションを購入するケースもありますが、経営がうまくいかなかった時、売りに出したとしても70%程度の価値しかありません。そのため、長期的な運用が難しくなるでしょう。しかし、上記のような不景気も管理会社のサポートがあれば問題なく突破することができますし、売却をする時や節税に関する物件選びも知識を持つ担当者が親身に話を聞いてくれるので、失敗しないマンション経営の仕方を盗むことも可能でしょう。